これが全力で取り組んだ結果です!

全力で各ジャンルに挑戦してスキルを高め、ついでにお金を稼ぐ様も共有していくブログです。

#23 【書評】「FACT FULNESS」を読んで、常識をアップデート!

「FACT FULNESS」という書籍を読んで、面白かった部分を共有します!

 

人気の書籍だったので、興味を持ち読みました。

データを基にして、現在の世界を分かりやすく書かれています。

今、多くの人間の知識は古いままであり思い込みで覆われた世界にいます。

私たちの常識は、20年前くらいの前のままで止まっているかもしれません。

 

情報をアップデートして事実を知り、より良い世界にしましょうという内容です。

 

面白かった一部をピックアップ

 データを見ると世界はよくなっている

 世界の賢い人たちでも、昔の常識が先行して、正確な現在の状況を理解していないようです。

書籍の中では数問問題(3択式)が出されており、チンパンジーのほうが正解率が高いと書かれていました。

 

つまりそのくらい、今の世界の状況を理解できていないということですね。

私も、問題に答えてみましたが、全然ダメでした。

 

世界は思っているよりも良くなっている

このキーワードは、かなり重要です。

悪い方向に進んでいると思っている人が多いようですが、データから世界を見ると、良くなっていること多いんです。

医療であったり、インフラ環境であったり。

 

もちろん悪いこともまだたくさんありますが、それ以上に改善していることが多いということです。

 

人はドラマチックな見方をしてしまう

ここでいうドラマチックというのは、物事を悲観的な傾向で見やすくなっているということだと思います。

テロや天災が増えていて、世界がどんどん悪くなっているという考え方。

 

データを見ると決して悪くなっているものではなく、昔のイメージが事実を隠していしまっているということです。

 

悪いことというのは、拡散力があります。

情報社会の今、悪い情報がたくさん目や耳に入ってくるため、正確な世界の状況を理解できていないようです。

 

人は2つに分けたがる

世界は分断されているという、「分断本能」というものです。

高所得者と低所得者の2分で考えるのではなく、その間に大半の人がいることを理解すること。

 

その中間の人たちこそが、一番多いという事実。

その点を無視して議論するのはおかしいですよね。

 

この分断本能のせいで、世界を正確に見れていないということです。

詳しくは、読んでもらうしかないのが申し訳ございません。。。

 

まとめ 

すごい気づきが与えてくれる名著

 

ビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生で、書籍を希望した全員に、電子版をプレゼントしたそうです。

 

結構厚い書籍で、読むのに結構時間がかかりました。。。

ただ、途中途中で気づきがあるので、面白く読むことができます。

 

ファクトフルネス、おすすめです!

 

f:id:grosty:20191107081810j:plain

【FACT FULNESS】常識をアップデートしよう!