これが全力で取り組んだ結果です!

全力で各ジャンルに挑戦してスキルを高め、ついでにお金を稼ぐ様も共有していくブログです。

#73 【アイデア】モーゼルランプで、フィリピンのスラム街は変わった

アイデアはすべての始まり

すごいアイデアは、世界にたくさんあります。

小さなものから、大きなものまで。

 

小さなアイデアが、時に世界をよりよくしてくれます。

 

私はそんなアイデアを知ると、ワクワクしてアドレナリンが出ますw

けっこう昔の話ですが、シンプルですごいなと思ったアイデアを一つ紹介します。

 

フィリピンのマニラ街に光を

フィリピンのマニラでは、電気がまともに通っていないところがまだあるようです。

 

電気がないので、昼間でも、屋根の下が暗いのがスラム街でした。

 

そんな環境を改善したのが、なんと、ペットボトル、水、そして小さじ2杯ほどの漂白剤。

 

これを屋根につけると、太陽光がペットボトル内の液体を蛍光させて、部屋全体が明るくなるという仕組みです。

 

電気がないので、太陽の光を活用するアイデア!

しかも、コストをあまりかけずに行うというアイデア!

 

スゴイですよね。

 

しかも、ペットボトルに入れた漂白剤が、カビやコケが生えるのを防いでくれるようです。

モーゼルランプ!

アルフレード・モーゼルという方のアイデアなので、このランプは、「モーゼルランプ」と言われてます。

 

もう一度書きますが、このモーゼルランプは、水と小さじ2杯ほどの漂白剤をペットボトルに入れただけのものです。

 

ちゃんとした写真を載せたいですが、使っていいものが分からないので、ググってください。

検索キーワード  「モーゼルランプ」「フィリピン スラム街 アイデア」

 

屋根に穴をあけて、うまく隙間を埋めないといけませんが、このモーゼルランプのおかげて環境は大きく改善したようです。

 

シンプルかつ、革新的なこのアイデアで、電の通っていない環境で困っている方々の生活を改善するなんて凄すぎます。 

 

素晴らしいですね。

f:id:grosty:20191205223600j:plain

モーゼルランプで、フィリピンのスラム街は変わった